アドオン方式と実質年利(実質年率)に注意しよう

アドオン方式だけの金利表示は今はないと思う。確かに法律ではアドオン方式の金利表示だけではなく、実質年利(実質年率)が義務付けられている。しかしキャッシングやローンで借金する前に知らないと借金返済で損をする。

アドオン方式の意味

アドオン方式とは、返済終了までの期間、貸付金額に利率を掛けて利息額を計算し、その利息と貸付金額を合わせた総額を割賦回数で均等分割して1回の返済額を決める金利計算方法のことをいいます。例えばアドオン年利110%ということは、月々の返済済み元金(月々の返済で少なくなった元金)に関係なく、最初に借りたお金に対して年10%の利息がつくという意味です。

実質年利(実質年率)の意味

実質年率とは、元金(借金の残高であり、借金した最初の金額ではない)に対して1年間に生じる利息割合のことです。実質年利を略して年利、実質年率を略して年率ともいいます。ただし、ただ単に年利、年率といわれた場合はアドオンを示すのか?実質年利(実質年率)を示すのか否かを確認するべきです。法律的にはアドオン方式の表記をするか否かに関わらず、実質年利(実質年率)の表記が義務づけられています。1年未満の利息は、365分の利用日数の割合によって計算されることも多いです。

アドオン方式と実質年率の違い

上記の説明にもあるとおり、アドオン方式は、返済回数が進み元金が少なくなっても、最初の元金を基準に利息を計算している表記ですので、利率が低い割には実質年率に比べて利息が多いです。例えば、「アドオン方式による利率で2.0%」と言われると、利息が安く感じないでしょうか?

  • 月3回払いの場合  ⇒ 実質年率11.96%
  • 月6回払いの場合  ⇒ 実質年率 6.82%
  • 月12回払いの場合 ⇒ 実質年率 3.67%

※アドオン方式年率2.0%を元利均等返済方式の実質年率に変換した場合

もしあなたがお金を借りる側である場合、キャシングやローンの金利(利息)は数値だけを見てはいけません。同じ利息率だとしても、アドオン方式と実質年利(実質年率)で借金の返済額は大きく変わります。お金を借りる側からみれば、利息が安いと誤解するだけですので何のメリットもありません。

逆に利息合計額を計算するだけであれば、アドオン方式表記のほうが遥かに便利です。実質年率では支払い回数、完済するまでの期間、元金がいくら減るのか?などを含めて計算するので複雑になります。

繰り返しになりますが、実質年率が返済ごとに減っていく元金ごとに利息を計算しているのに対し、アドオン方式は元金が減ることを前提とせずにあらかじめ利息を計算し、その借金総額を支払い回数で割っています。

  • アドオン方式:利息の計算が容易、利率が低いと誤解されやすい
  • 実質年利(実質年率):利息の計算が複雑

現在は実質年利を表示することが法的に義務づけされています。万一借用書などの表記がただ単に年利や年率となっているだけで、実質年利(実質年率)の表記が無い場合には書面を訂正するなどの処置が必要です。

関連記事

住宅ローン金利で固定と変動、お得はどっち? - 固定金利、変動金利の長所と短所の長所と短所について。住宅ローンの金利は月々の借金返済額だけではありません。住宅ローンや不動産ローン返済の金利について得する方法とは?私に向いているのはどっち?

繰上げ返済は損か得か? - 住宅ローンの繰上げ返済は損か得か?誰もが気づくメリットだけか?住宅ローンの繰上げ返済のデメリットとは?繰上げ返済をしないほうが得することがあるか?

住宅ローン借り換え - 住宅ローンの借り換えを検討する場合、金利差だけに着目すれば良いのか?金利が安くても借り換えで借金が増えてしまうケースがないのか?月々の返済額、借金返済合計額など注意する点は何か?

借用書の書き方 - 借用書を後から偽造されないためにも、借用書に記載する数字について知っておこう。また算用数字を使う使わないにかかわらず、借用書を改ざんされないように防止するための知恵も必要です。

公正証書と借金返済 - 融資を受ける際、金融業者から公正証書を作成したいと言われたことはないか?公正証書がある場合とない場合とでは何がどう違うのか?公正証書を知らないうちに作成されたりしていないだろうか?借金をする人にとって、公正証書の存在はとても脅威なのです。

元金均等返済と元利均等返済の方式 - 元金均等返済と元利均等返済の違いとは?元金均等返済と元利均等返済、どちらが得か?双方のメリットとデメリットを理解して、借り入れと返済計画を立てましょう。

貸金業って借金するところ? - なぜキャッシングやローンで借金する前に貸金業について理解しなければならないのか?借金返済している方も思わぬ借金の問題に遭遇しないよう再度理解を深めておきましょう。借金返済する金額で損をしないためにも。

借金一本化で借金相談 - 借金一本化とおまとめローンとの違いはあるのか?キャッシングやローンなどの借金返済をおまとめローンで一本化するメリットとは?借金返済で注意しなければならないこととは?本当に借金の問題を解決できるのか?

教育ローンと元金措置 - 教育ローンで月々の返済額を少なくする元金措置について。メリットとは?デメリットとは?選択基準とは?

住宅ローンを滞納すると、どうなるか? - 住宅ローンを滞納し督促状がきても払えないときはどうなるか?もし住居を売却しなければならない状況に追い込まれたとき、どうしたらいいのか?対応策、解決策はあるのか?

分類

債務整理と相談

債務整理で借金を整理し、多重債務者であっても、スムーズに借金を返済したり問題を解決する方法が注目されています。また債務整理の相談を無料で実施できるような場所もあります。

借金返済の方法と問題

借金返済のために貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするだけで借金問題が解決すればいいのですが、借金返済計画どおりに進まないこともありますね。借金返済方法と問題について、一旦立ち止まり、あらためて考えて直してみることも必要だと思います。

ローン、借金の知恵と情報

住宅ローン、教育ローンや自動車ローン、会社の資金調達などから個人的なフリーローンまで新規で借金をする場合に注意すべきこと、検討すべきことから、知っておきたい知恵やお得な情報、経験談などを書きます。

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

著者情報

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、主に和食。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加