認印の借用書

実印ではなく認印の借用書が無効となるわけではないですが、借用書の効力として、万一に備え、例えば後々のトラブルで裁判になるなどを考慮し、実印の方が望ましいと思われます。なお認印を実印と偽ることは別の問題を生じることもあります。

借用書は認印でもいい?

もしかしたら、以下のような経験があるかもしれません。

「知人にお金を貸す際、借用書を作成しました。ところが相手が実印を持っていなかったので、認印を押してもらいました。後日、この借用書は無効だと言われてしまいました。」借用書は契約のひとつです。本来ならば、たとえ口約束であったとしても無効というわけではありますが、後日いろいろと問題が起こりうる可能性を考慮して書面(今回の場合は借用書)を交わすわけです。

借用書について、ご存じない方は、最初に借用書の書き方をご参照ください。

借用書が認印であっても、本来はすべて無効というわけではありません。しかしながら、「私はお金を借りていない」と主張されたとき、すなわち裁判のときなどの証明という意味で面倒になります。一番望ましい形は借用書を作成する際、相手に実印で、印鑑証明をもらうことです。また実印を含めて本人自筆のサイン(署名)を必ず書いておくようにさせると良いでしょう。

お金が返ってこないかもしれないなどの理由で心配ならば、最初から一切断るように習慣付けておくのが良いとは昔からよく言われることですが、信頼していた人から裏切られるほど、悲しいものはありません。「人を観る目が無かった」と言われればそれまでですが、借用書を作成したのに無効だと言われるのは納得できるものではありませんね。

以下実印関連でご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、説明を加えます。

実印の目的は

実印を押させる意味は、裁判等になったときに「何の書類か分からないで印鑑をした」などという言い逃れを通させないためです。すなわち、借用書に基づいて借金の契約する意思があったことを証明することと、契約したことが本人であることを明確にすることの目的があります。

相手が実印を持っていない場合は

もし相手が実印を持っていないなら、お金を貸さないというのも防御策として、ひとつの方法です。そもそも未成年や学生さん、社会人になりたての方ならともかく、普通、実印は持っています。実印を持っていることを口外しない(あえて表に出して言わない)だけです。少なくともビジネスされている方は必ず持っています。

どうしても相手が実印を持っておらず、認印で借用書を作成せざるを得ない場合には、必ず氏名、住所、日付などをサイン(署名)してもらってください。パソコンやワープロで作った借用書の場合は最低でも相手の名前を本人自筆で書かせ、印をもらうようにしましょう。間違ってもパソコンやワープロで作った相手の名前に認印を押させて終わりにはしないように。この場合ですと、第三者からみて借用書によって契約した本人の確認が全く取れないからです。何れにしましても話がスムーズに運ばない場合は弁護士や弁護士事務所にご相談されることをオススメします。

関連記事

借用書と印紙 - 印紙税が掛かる費用を記載した借用書には印紙を貼る必要がありますが、印紙を貼り付けしていない借用書は無効なのだろうか?それとも有効なのだろうか?現時点では借用書として有効ではありますが、印紙税法に違反していることには注意が必要。

借用書の書き方 - 借用書を後から偽造されないためにも、借用書に記載する数字について知っておこう。また算用数字を使うか否かにかかわらず、借用書を改ざんされないように防止するための知恵も必要です。

公正証書と借金返済 - 融資を受ける際、金融業者が公正証書を作成したがる理由とは?公正証書がある場合とない場合とでは何がどう違うのか?公正証書を知らないうちに作成されていないだろうか?借金をする側にとって、公正証書の存在が脅威となるケースがあります。

住宅ローン金利で固定と変動、お得はどっち? - 固定金利、変動金利の長所と短所の長所と短所について。住宅ローンの金利は月々の借金返済額だけではありません。住宅ローンや不動産ローン返済の金利について得する方法とは?そして向いているのはどちらでしょうか?

教育ローンと元金措置 - 教育ローンは通常のローンと違い、月々のローンの返済額を少なくすることができる元金措置というものがありますが、元金措置そのもののメリットやデメリットについて、また元金措置期間の選択基準についても、知っておきましょう。

繰上げ返済は損か得か? - 可能ならば、住宅ローンの繰上げ返済をしたほうが良いと一般的には考えられていますが、繰上げ返済をしないほうが得することは、本当に皆無なのでしょうか?繰上げ返済することによるデメリットは、一切ないのでしょうか?

住宅ローンを滞納すると、どうなるか? - もし、住宅ローンを滞納し督促状がきても払えないときはどうなるのでしょうか?支払いが滞り、今住んでいる住居を売却しなければならない状況に追い込まれたとき、どうしたら良いのでしょう?対応策、解決策が全く無いわけではありません。

総量規制と借金 - キャッシングやローンが対象となる総量規制について。金融機関から送られてきた年収を証明する書類で限度額を引き下げられ、これ以上借金が出来なくなる可能性がありますが、総量規制の対象外となるケースもあります。

生活保護と自己破産 - もし自己破産になったとしたら、何をすべきか?自己破産者は生活保護を受けることが可能なのか?自己破産者になった後、生活を安定させるための収入がないとしても、借金に頼ることなく今後の生活を安定させることが重要です。

借金と食生活 - 過去に借金返済や債務整理で苦労した経験がある方はご存知のとおり、食費、食生活とお金は大きな関係があります。借金を返済している方も、節約した生活を心がけている方も生きる上で必要な食生活の費用を見直すには?

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

プロフィール

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加