借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ここではまず『借金返済の方法と問題』についての全体像を書いています。
具体的な個々の詳細内容については下記の『関連記事一覧』を参照してください。

一筋縄ではいかない

借金返済や借金問題を解決するまで悩みは尽きないものです。借金返済シュミレーションした通りに進むと思っていても、借金の問題は生活の問題と密接な関係があるので、返済が難しくなってきている借金ほど、一筋縄ではいかないのです。

なんかスッキリしない

借金は資本であると認識し、仮に借金が生じたとしても簡単に完済できるような状況にあれば良いのですが、現実的なトラブルを生じる借金問題は人間関係の中から飛び出してくることが多いと思いませんか?

例えば借金のトラブルが離婚問題と絡む場合、または自分自身ではなく親、兄弟の借金、安易に保証人になったばかりに生じた借金など、社会や生活の多様化と情報の氾濫と共にお金にまつわる問題がより複雑さを増しているのです。

お金に関して、債権債務だけに関わらず運用や貯蓄にいたるまで、良く知っている方や専門家が身近にいらっしゃると心強いものです。専門家の方のお話しを聞くだけでも、無料で入手できる情報もありますが、少し踏み込んだ話になりますと費用が掛かりますし、お金だけではなくそれなりの手間と時間が掛かることも多いと思いますが、得られた安心感はとても貴重なものです。

しかしながら、誰もが社会や生活の問題と共に借金問題も解決され、早くスッキリしたいと願っていても、時間とお金で、お金の問題を解決できるような恵まれた環境にいらっしゃる方は全体のごく一部でしょう。現実的には大多数の方が自分自身のイメージどおりになかなか進まないことが多いのではないかと思います。

知識、方法、手段の情報を掴む

とにかく可能な限り問題解決に向けて情報を集めることです。情報は知識、方法、手段です。前を向けば、やがて目利きがついてきます。お金の問題をお金で解決するにせよ、お金をなるべくかけずに(または無料で)解決するにせよ、すべて他人任せではダメだと思います。「知らなかった」で損をするのは自分自身ですから、何とも言えない不安感から踏み込めない方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは解決に向けて一歩踏み込んで前進してみましょう。

関連記事一覧

アドオン方式と実質年利(実質年率)に注意しよう - 実質年利(実質年率)とアドオン方式の金利は利息額が全く違います。同じものと誤解すると多額の返済をすることがあるので注意が必要です。現在、実質年利(実質年率)が義務付けられているのでアドオン方式だけの金利表示はないと思います。

会社役員が連帯保証人へ - 会社役員になったら、会社の借金(債務)の連帯保証人にならないといけないのか?どうしても連帯保証人にならなければならないときの注意点は?万一に備え、資産の名義を自分以外の家族へ変更しても問題ないか?

家族や身内の借金返済義務 - 借金をした本人以外は、たとえ夫婦であっても血の繋がった親兄弟であっても関係ないと言われるが、本当に借金を返済する義務がないのだろうか?若しくは借金を返済してもらう方法はないのだろうか?

元金均等返済と元利均等返済の方式 - 元金均等返済と元利均等返済とでは、毎月のローンで支払う返済額が異なります。また完済までに掛かった利息合計額も異なります。どちらが得か?双方のメリットとデメリットを理解して、借り入れと返済計画を立てましょう。

金融機関とは銀行?ノンバンク? - 銀行だと思っていたら、ノンバンクだった。せっかく銀行から融資が受けられるのにワザワザ高い金利でローン契約しなければならないのだろうか?ノンバンクからの融資が悪いわけではありませんが、借金返済を軽減するために金融機関について知っておこう。

公正証書と借金返済 - 融資を受ける際、金融業者が公正証書を作成したがる理由とは?公正証書がある場合とない場合とでは何がどう違うのか?公正証書を知らないうちに作成されていないだろうか?借金をする側にとって、公正証書の存在が脅威となるケースがあります。

財形住宅融資と住宅ローン - 住宅ローンの金利や借金返済計画を考慮した財形住宅融資の制度とは?財形住宅融資の制度の意味と金利はどうなっているのか?会社を転職、退職したら財形住宅融資が利用できなくなるのか?

借用書の書き方 - 借用書を後から偽造されないためにも、借用書に記載する数字について知っておこう。また算用数字を使うか否かにかかわらず、借用書を改ざんされないように防止するための知恵も必要です。

借金の相続を放棄するべきか - 遺産相続で資産・財産を相続し、借金のような負債の相続を放棄する方法はあるのだろうか?それとも資産・財産だけでなく負債も相続しなければならないのか?資産・財産の状況が分からないとき、相続放棄するとしたときの手続きと注意点とは?

借金の返済期限や期日がない借金を請求 - 返済期限・期日がある借金と、返済期日・期限がない借金の違いとは?返済期日や期限が無いお金の貸し借りは友人・知人や家族同士ならありうる話ですが、そのリスクは?借金をめぐり問題やトラブルはないのか?

借金の返済猶予 - キャッシングやローンなどの借金返済を遅らせることは可能か?返済日までに返済できない時はどうするべきか?これら返済問題を解決する方法はあるのか?債務の催促や督促状がくるまでやるべきこととは?

借金時効と返済問題 - 借金にも時効というものが存在します。あなたが借りたお金だけではなく貸したお金に対しても時効が存在します。借金時効の意味、種類、申請方法や注意点とは?借金時効を成立させないための手段とは?

借金返済の代理人 - お金を貸した人(債務者)本人ではなく、債務者の代理人と称する人から連絡があったとき、どのように対処するか?代理人を信用していいのか?貸したお金が返っていると安心して良いのか?問題なく借金を返済してもらう注意点など。

従業員の借金を会社が返済? - 従業員の借金を会社が代わりに返済するように金融業者から依頼された場合でも、会社は従業員の代わりに借金を返済する義務は生じるのか?または給料から借金を差し引くなど一切の関与をしないほうが良いのか?

生活保護で借金返済できるか - 借金返済に生活保護のお金を使うことは可能なのだろうか?または借金返済するために生活保護を受けることは可能なのだろうか?借金返済に苦しんでいる人が多い現在、生活保護と借金返済の方法と問題について。

返済が苦しくなると不動産担保ローンを勧められる理由 - 不動産を担保にした融資やローンで生活が楽になるのでしょうか?なぜ借金返済が滞ったり、返済が苦しくなったりすると不動産担保ローン(融資)を勧められるのでしょう?不動産担保ローンを組む前にメリットとデメリットについて知っておきましょう。

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

(現在のページです)

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

プロフィール

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加