ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

ここではまず『ローン、借金の知恵と情報』についての全体像を書いています。
具体的な個々の詳細内容については下記の『関連記事一覧』を参照してください。

誰でも借金するもの

長い人生、一生の内、借金を一切せずに収入や貯金や資産だけで生活できる人は、ごく少数だと思います。住宅を一括で支払うことは稀で、ローンを組むことで念願のマイホームを手に入れている方が大多数だと思います。

住んでいる場所によっては、マイホームなど夢のまた夢、またはマイホームを手に入れることをあえて選択せずに、一生賃貸で生活することを前提としてライフプランを立てている方もいらっしゃいます。

会社勤めではなく事業を営むとしたときにも、すべて自己資金だけでやりくりすることは少ないだろうと思います。創業時は自己資金だけであったとしても、安定した経営だとしても、事業拡大やここぞというときには借り入れをするケースがあることでしょう。

借金というと、どうしても悪いイメージが定着している感があります。もちろん借金を推奨しているわけではありません。しかしながら、借金を別の面(プラスの面)から見ることで、借金は信用の証ですし、借金は資本ですし、前へ進むためのエンジンとも言えるのではないかと思うのです。

やりくりにも限界がある

現在の給料などで何とかヤリクリしながら生活していても、突然予想外の出費に追われることもあります。積立貯金(貯蓄)をしていたとしても、それは起こりえます。借金をする予定が無くても、結婚して子供が生まれれば教育費も掛かりますね。住宅ローンに全く無縁の方でも、例えば医療や冠婚葬祭、車や旅行、学費などを収入や貯金だけで出費がすべて収まったとしても、その後の生活にも不安が募ります。

会社を経営されている方は、会社運営や従業員の給与だけでなく、役員報酬にも悩みます。会社にお金を残しておかなければ、再投入(投資)が必要になりますので、報酬や給与は多すぎても少なすぎてもいけないし、従業員の生活も考慮しなければなりません。

ならば賢く借金する

誤解を生じないよう、繰り返し申し上げておきますが、借金することを薦めているわけではありません。お金を誰からも、銀行からも金融業者からも借りないで済むならば、それがベストです。しかしながら実際の生活では、何かしらのローンや借り入れをするケースがあることでしょう。ならば無理をしない程度に借り入れをして、お金を賢く運用すれば良いと思うのです。

出所が借金であろうと、収入であろうと、貯蓄であろうと、お金はお金です。先にも書きましたとおり、借金をお金本来のポジティブな面から見ることも必要なのではないでしょうか?

関連記事一覧

貸金業って借金するところ? - なぜキャッシングやローンで借金する前に貸金業について理解しなければならないのか?借金返済している方も思わぬ借金の問題に遭遇しないよう再度理解を深めておきましょう。借金返済する金額で損をしないためにも。

教育ローンと元金措置 - 教育ローンは通常のローンと違い、月々のローンの返済額を少なくすることができる元金措置というものがありますが、元金措置そのもののメリットやデメリットについて、また元金措置期間の選択基準についても、知っておきましょう。

繰上げ返済は損か得か? - 可能ならば、住宅ローンの繰上げ返済をしたほうが良いと一般的には考えられていますが、繰上げ返済をしないほうが得することは、本当に皆無なのでしょうか?繰上げ返済することによるデメリットは、一切ないのでしょうか?

クレジットカードは借金だけじゃない - クレジットカードはショッピングやキャッシング、ローンなどお金を借りる目的にしか利用しないのはもったいないです。クレジットカードを持つことの利点、海外であえてキャッシングする理由についても書いています。

高額医療費と借金 - 健康や生命を維持するための医療費の支払いをローンなどの借金をすることなく、対処する方法について。自己負担額を超えた高額医療費や保険適応外の治療費を準備するための保険や貯蓄があれば問題ないのですが、お金が無くとも何とか対処したいものです。

借用書と印紙 - 印紙税が掛かる費用を記載した借用書には印紙を貼る必要がありますが、印紙を貼り付けしていない借用書は無効なのだろうか?それとも有効なのだろうか?現時点では借用書として有効ではありますが、印紙税法に違反していることには注意が必要。

借金と食生活 - 過去に借金返済や債務整理で苦労した経験がある方はご存知のとおり、食費、食生活とお金は大きな関係があります。借金を返済している方も、節約した生活を心がけている方も生きる上で必要な食生活の費用を見直すには?

住宅ローン借り換え - 住宅ローンの借り換えを検討する場合、金利差だけに着目すれば良いのか?金利が安くても借り換えで借金が増えてしまうケースがないのか?月々の返済額、借金返済合計額など注意する点は何か?

住宅ローン金利で固定と変動、お得はどっち? - 固定金利、変動金利の長所と短所の長所と短所について。住宅ローンの金利は月々の借金返済額だけではありません。住宅ローンや不動産ローン返済の金利について得する方法とは?そして向いているのはどちらでしょうか?

総量規制と借金 - キャッシングやローンが対象となる総量規制について。金融機関から送られてきた年収を証明する書類で限度額を引き下げられ、これ以上借金が出来なくなる可能性がありますが、総量規制の対象外となるケースもあります。

認印の借用書 - 実印ではなく認印の借用書が無効となるわけではないですが、借用書の効力として、万一に備え、例えば後々のトラブルで裁判になるなどを考慮し、実印の方が望ましいと思われます。なお認印を実印と偽ることは別の問題を生じることもあります。

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

(現在のページです)

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

プロフィール

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加