借金返済の代理人

お金を貸した人(債務者)本人ではなく、債務者の代理人と称する人から連絡があった。代理人を信用していいのか?貸したお金が返っていると安心して良いのか?問題なく借金を返済してもらう注意点など。

借金代理人がやってきた

ここでいう代理人とは、お金を貸した人の代理人ではなく、お金を借りた人の代理人という意味です。あなたがお金を貸している立場なら、代理人はお金を借りた本人の親・兄弟・夫・妻だったり、弁護士だったりします。そしてその代理人から、借金した人の代わりとして代理人が借金の肩代わりをするようなことを言われるとします。もしあなたの前にそのような代理人が現れたら、あなたは何を思うでしょうか?警戒するでしょうか?それとも、これで貸したお金が返ってくるものだと安心するのでしょうか?

そもそも相手が代理人を立てることには理由があります。代理人として弁護士は別にして、お金を借りた本人の親・兄弟・夫・妻が代理人として法的に認められているものなのか否かという点もありますが、それを差し引いても、相手がわざわざ代理人を立てることは不自然であることは何となく感じられると思います。

相手(代理人)が債務整理を提案してくる場合も考えられますが、この点はケースバイケースで話が複雑になりますから、ここでは相手が借金時効の成立を狙っていると仮定して話を進めます。

借金時効についての詳細は、借金時効と返済問題を参照してください。

借金代理人を立てられる前にやっておくこと

借金代理人の有無に関らず、借金を返済しない人(返済が滞っているのも含む)に対して、支払督促の申立準備をすることは、借金時効の中断という意味で必要ですから、まずこれは絶対にやっておきましょう。

借金代理人を立てられた時に注意すること

代理人が借金を全額返済するという形であれば、まだ良いのですが、分割返済の場合はスグに和解(特に即決和解)すべきではないと思います。もし支払督促の申立をして支払督促の送達は完了させていたとしても、安心は出来ないのです。なぜなら、借金返済の代理人があなたへ借金返済をすることは可能だとしても、このままでは法律上、借金の時効が中断しないとみなされる可能性があるからです。万一、借金時効(消滅時効)の期限までに債務者の代理の借金返済が完了しなかった場合、大きな問題へと発展する可能性があり、特に債務者の代理人との即決和解は、過去の傾向でも問題になりやすいのです。

借金時効が成立する期限が迫っているときは特に注意が必要ですが、まず債務者の代理人による借金返済が終了するような確証をあなたが掴んでおくことと共に、やはり弁護士や法律事務所へ相談した上で対処することをおすすめします。

関連記事

家族や身内の借金返済義務 - 借金をした本人以外は、たとえ夫婦であっても血の繋がった親兄弟であっても関係ないと言われるが、本当に借金を返済する義務がないのだろうか?若しくは借金を返済してもらう方法はないのだろうか?

従業員の借金を会社が返済? - 従業員の借金を会社が代わりに返済するように金融業者から依頼された場合でも、会社は従業員の代わりに借金を返済する義務は生じるのか?または給料から借金を差し引くなど一切の関与をしないほうが良いのか?

借用書の書き方 - 借用書を後から偽造されないためにも、借用書に記載する数字について知っておこう。また算用数字を使う使わないにかかわらず、借用書を改ざんされないように防止するための知恵も必要です。

公正証書と借金返済 - 融資を受ける際、金融業者から公正証書を作成したいと言われたことはないか?公正証書がある場合とない場合とでは何がどう違うのか?公正証書を知らないうちに作成されたりしていないだろうか?借金をする人にとって、公正証書の存在はとても脅威なのです。

個人再生のメリットとは - 債務整理の方法のひとつである個人再生とは?借金返済を軽減するために債務整理の手段として個人再生を選ぶメリットとデメリットとは?それとも自己破産を債務整理の手段として選ぶべきなのか?

自己破産で破産者になるとは - 自己破産とは借金を整理する手段。多重債務から開放されるために債務整理の方法として自己破産を選び破産者になるか?それとも今までどおり借金返済していく道を選ぶのか?自己破産する場合のデメリットとは?

多重債務を解決するには - 多重債務になってしまった借金の問題を解決するには?多重債務の状況が悪化しないようにする解決方法とは?多重債務を債務整理で解決する前に知らなければならない知識とは?

任意整理とは - キャッシングやローンなどで生じた借金を債務整理するために任意整理を選択するメリットとデメリットとは?そもそも任意整理の意味とは?任意整理する準備と相談方法は?任意整理以外に債務整理する方法はないのか?

借金時効と返済問題 - 借金にも時効というものが存在します。あなたが借りたお金だけではなく貸したお金に対しても時効が存在します。借金時効の意味、種類、申請方法や注意点とは?借金時効を成立させないための手段とは?

教育ローンと元金措置 - 教育ローンで月々の返済額を少なくする元金措置について。メリットとは?デメリットとは?選択基準とは?

分類

債務整理と相談

債務整理で借金を整理し、多重債務者であっても、スムーズに借金を返済したり問題を解決する方法が注目されています。また債務整理の相談を無料で実施できるような場所もあります。

借金返済の方法と問題

借金返済のために貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするだけで借金問題が解決すればいいのですが、借金返済計画どおりに進まないこともありますね。借金返済方法と問題について、一旦立ち止まり、あらためて考えて直してみることも必要だと思います。

ローン、借金の知恵と情報

住宅ローン、教育ローンや自動車ローン、会社の資金調達などから個人的なフリーローンまで新規で借金をする場合に注意すべきこと、検討すべきことから、知っておきたい知恵やお得な情報、経験談などを書きます。

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

著者情報

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、主に和食。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加