住宅ローン金利で固定と変動、お得はどっち?

固定金利、変動金利の長所と短所の長所と短所について。住宅ローンの金利は月々の借金返済額だけではありません。住宅ローンや不動産ローン返済の金利について得する方法とは?そして向いているのはどちらでしょうか?

金利はコントロールできないことを知る

借金返済が生活に及ぼす影響度は、月々の支払い額に目が奪われやすいですが、住宅ローンが金融商品のひとつであるという、少し大きな視点で観た場合、住宅ローンの金利ですべてが決まるといっても過言ではありません。市場が低金利のときは固定金利、高金利なら変動金利ということを知っていても、金利は変動しますので上手に運用できるか否かは別問題です。金融商品である以上、未来に向けてのローン返済期間はコントロールできても、未来に向けての金利はコントロールできないわけです。原則として一般的には金利の変動をごちゃごちゃ考えたくない方は固定金利、リスク承知で得したい方は変動金利を選ぶ方が多い傾向があります。

住宅ローン金利の種類

住宅ローン金利についてご存知の方はこの項目を読み飛ばしていただいて構いません。住宅ローン金利についてご存知ない方や再度知識をご確認したい方のために、念のため以下に説明を書き記します。

大きく分けて住宅ローン金利には、固定金利と変動金利があります。そのうち固定金利はローン返済まで全期間金利が固定されている固定金利型と、一定期間金利が固定されているもの(固定金利選択型)の2種類があります。まとめますと、住宅ローン金利の種類には、固定金利型、固定金利選択型、変動金利型の3種類です。

変動金利型

  • 住宅ローン返済期間の間、返済に適用される金利が市中金利(世の中の全体的な金利水準)に合わせて変動するタイプ。
  • 一般的に変動金利型の金利見直しは、年2回実施される。
  • 適用金利が上昇する場合には、金利上昇の上限を25%までの上昇率と定められている。

固定金利型

  • 市中金利動向に左右されることなく、住宅ローンを契約した時に決定した金利が返済期間すべてにわたって適用されるタイプ。
  • 返済完了まで金利が変動しないため、資金計画が立てやすい。
  • 変動金利型や固定金利選択型と比較して、若干高い金利が設定されていることが多い。

固定金利選択型

  • 2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年など一定期間だけ固定金利型が適用されるタイプ。期間完了まで金
  • 利が変動しないため、資金計画が立てやすい。
  • 最初の期間は金利が低く設定されていることがある。
  • 期間終了後に再び金利型を選択する。

お得情報を見つける

金融機関と普段から付き合い(取引)があれば、金利優遇対象となり、通常よりも住宅ローンの金利が安くなる場合があります。また金利優遇対象でなくとも、個人への融資を拡大させる方針を打ち出した金融機関は、一時的にせよ、住宅ローン金利を低く設定することがあります。

シミュレーションする

先に示しましたとおり、住宅ローンの金利には3種類あるわけですが、一概にこれが得というものはありません。各々メリットもデメリットもあります。当然ながら、同じ種類の金利型であっても、銀行などの融資元によって住宅ローン金利に若干違いがありますので、最初の住宅ローン金利対策としては、まずは可能な限り各種資料などを閲覧し、住宅ローン金利を融資元ごとに比較することが必須です。また可能であれば、融資元の金利がどのような推移をしたのかについての動向を知ることができればなお一層良いです。

ファイナンス関連の金利上昇グラフなどにあるとおり、住宅ローン金利推移から判断することも可能ですが、未来の予測は予測でしかありません。

住宅ローンを組む予定の融資元、金融業者1社だけの情報を鵜呑みにすることなく、幅広く情報を集め、そして、住宅ローンシミュレーションサービスなどで、月々の返済額だけではなく、将来にわたり借金を返済する合計額も予め予想しておきましょう。その上で、家計とライフプラン、例えば結婚、出産、定年(退社)の時期などを予測し、ローンを検討するとよいでしょう。

関連記事

繰上げ返済は損か得か? - 可能ならば、住宅ローンの繰上げ返済をしたほうが良いと一般的には考えられていますが、繰上げ返済をしないほうが得することは、本当に皆無なのでしょうか?繰上げ返済することによるデメリットは、一切ないのでしょうか?

住宅ローンを滞納すると、どうなるか? - もし、住宅ローンを滞納し督促状がきても払えないときはどうなるのでしょうか?支払いが滞り、今住んでいる住居を売却しなければならない状況に追い込まれたとき、どうしたら良いのでしょう?対応策、解決策が全く無いわけではありません。

住宅ローン借り換え - 住宅ローンの借り換えを検討する場合、金利差だけに着目すれば良いのか?金利が安くても借り換えで借金が増えてしまうケースがないのか?月々の返済額、借金返済合計額など注意する点は何か?

金融機関とは銀行?ノンバンク? - 銀行だと思っていたら、ノンバンクだった。せっかく銀行から融資が受けられるのにワザワザ高い金利でローン契約しなければならないのだろうか?ノンバンクからの融資が悪いわけではありませんが、借金返済を軽減するために金融機関について知っておこう。

借金の相続を放棄するべきか - 遺産相続で資産・財産を相続し、借金のような負債の相続を放棄する方法はあるのだろうか?それとも資産・財産だけでなく負債も相続しなければならないのか?資産・財産の状況が分からないとき、相続放棄するとしたときの手続きと注意点とは?

アドオン方式と実質年利(実質年率)に注意しよう - 実質年利(実質年率)とアドオン方式の金利は利息額が全く違います。同じものと誤解すると多額の返済をすることがあるので注意が必要です。現在、実質年利(実質年率)が義務付けられているのでアドオン方式だけの金利表示はないと思います。

元金均等返済と元利均等返済の方式 - 元金均等返済と元利均等返済とでは、毎月のローンで支払う返済額が異なります。また完済までに掛かった利息合計額も異なります。どちらが得か?双方のメリットとデメリットを理解して、借り入れと返済計画を立てましょう。

財形住宅融資と住宅ローン - 住宅ローンの金利や借金返済計画を考慮した財形住宅融資の制度とは?財形住宅融資の制度の意味と金利はどうなっているのか?会社を転職、退職したら財形住宅融資が利用できなくなるのか?

教育ローンと元金措置 - 教育ローンは通常のローンと違い、月々のローンの返済額を少なくすることができる元金措置というものがありますが、元金措置そのもののメリットやデメリットについて、また元金措置期間の選択基準についても、知っておきましょう。

総量規制と借金 - キャッシングやローンが対象となる総量規制について。金融機関から送られてきた年収を証明する書類で限度額を引き下げられ、これ以上借金が出来なくなる可能性がありますが、総量規制の対象外となるケースもあります。

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

プロフィール

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加