住宅ローン借り換え

住宅ローンの借り換えを検討する場合、金利差だけに着目すれば良いのか?金利が安くても借り換えで借金が増えてしまうケースがないのか?月々の返済額、借金返済合計額など注意する点は何か?

住宅ローン借り換えを検討する前に

住宅ローンの借り換えを検討する場合、さまざまな金融機関のウェブサイトを閲覧したり、資料などを取り寄せたり、時には直接銀行などに赴いたりして、最も自分にあったサービスを比較検討することになります。これらの情報を得るにしても、以前は住んでいる場所やメディア情報媒体など、情報にある一定の限りがありました。

情報過多であふれている現在、金融機関同士のサービス競争も相まって、情報量と共に選択肢が急増したため、どの金融機関の借り換えサービスにしたらいいのか?を比較検討するのにとても迷うことでしょう。

そもそも住宅ローンの借り換えをする目的とは、大半の方にとって、月々の支払額を減らしたり、借金返済の合計額を減らしたりすることだと思います。しかしながら住宅ローンが1,2%ほどの長期固定金利であったり、住宅ローンの完済(ローンの借金を全額返済すること)期限が間近(大凡10年未満の数年間)であったりすれば、現在のところ借り換えをするメリットが殆ど無いので、恐らく借り換え検討しないはずです。ただし税金上(贈与税および相続税の関係上)の対処として検討する方もいらっしゃると思いますので、残念ながらケースバイケースとしか言いようがありません。税法上の複雑な関係性を整理する意味でも、税理士などの専門家に相談されると良いでしょう。

以下、目安の一例として2つほどあげておきます

住宅ローン借り換えの注意点

借り換えを検討する場合、直近の金利だけに着目してはなりません。優遇された金利が数年間しかなく、またどこかの他に借り換えすればいいと安易に考えることは、その都度手間と諸経費が掛かり、且つリスクが伴います。実際に借り換えをせずに、元本を減らすために繰り上げ返済をすることだけに集中した方が良いケースもあるのです。

住宅ローンの残高が大きい場合

ローン残高が1千万円またはそれを超える残高があり、借り換えを検討しているローンとの金利差がかなりあるなら、借り換えを検討したほうが得であるケースも考えられます。現時は銀行のサービスでシミュレーションもありますし、郵送やFAXでもシミュレーションが可能です。実際に検討する際には直接銀行等で数社に相談され、メリット・デメリットを比較検討することが一番だろうと思います。

最新(更新)記事

教育ローンと元金措置 - 教育ローンは通常のローンと違い、月々のローンの返済額を少なくすることができる元金措置というものがありますが、元金措置そのもののメリットやデメリットについて、また元金措置期間の選択基準についても、知っておきましょう。

借用書の書き方 - 借用書を後から偽造されないためにも、借用書に記載する数字について知っておこう。また算用数字を使うか否かにかかわらず、借用書を改ざんされないように防止するための知恵も必要です。

家族や身内の借金返済義務 - 借金をした本人以外は、たとえ夫婦であっても血の繋がった親兄弟であっても関係ないと言われるが、本当に借金を返済する義務がないのだろうか?若しくは借金を返済してもらう方法はないのだろうか?

借金の返済期限や期日がない借金を請求 - 返済期限・期日がある借金と、返済期日・期限がない借金の違いとは?返済期日や期限が無いお金の貸し借りは友人・知人や家族同士ならありうる話ですが、そのリスクは?借金をめぐり問題やトラブルはないのか?

借用書と印紙 - 印紙税が掛かる費用を記載した借用書には印紙を貼る必要がありますが、印紙を貼り付けしていない借用書は無効なのだろうか?それとも有効なのだろうか?現時点では借用書として有効ではありますが、印紙税法に違反していることには注意が必要。

借金一本化で借金相談 - 借金一本化とおまとめローンとの違いはあるのか?キャッシングやローンなどの借金返済をおまとめローンで一本化するメリットとは?借金返済で注意しなければならないこととは?本当に借金の問題を解決できるのか?

住宅ローン借り換え - 住宅ローンの借り換えを検討する場合、金利差だけに着目すれば良いのか?金利が安くても借り換えで借金が増えてしまうケースがないのか?月々の返済額、借金返済合計額など注意する点は何か?

返済が苦しくなると不動産担保ローンを勧められる理由 - 不動産を担保にした融資やローンで生活が楽になるのでしょうか?なぜ借金返済が滞ったり、返済が苦しくなったりすると不動産担保ローン(融資)を勧められるのでしょう?不動産担保ローンを組む前にメリットとデメリットについて知っておきましょう。

住宅ローンを滞納すると、どうなるか? - もし、住宅ローンを滞納し督促状がきても払えないときはどうなるのでしょうか?支払いが滞り、今住んでいる住居を売却しなければならない状況に追い込まれたとき、どうしたら良いのでしょう?対応策、解決策が全く無いわけではありません。

借金の返済猶予 - キャッシングやローンなどの借金返済を遅らせることは可能か?返済日までに返済できない時はどうするべきか?これら返済問題を解決する方法はあるのか?債務の催促や督促状がくるまでやるべきこととは?

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

借金の返済期限や期日がない借金を請求

返済が苦しくなると不動産担保ローンを勧められる理由

プロフィール

サイトのアイコン

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加