会社役員が連帯保証人へ

会社役員になったら、会社の借金(債務)の連帯保証人にならないといけないのか?どうしても連帯保証人にならなければならないときの注意点は?万一に備え、資産の名義を自分以外の家族へ変更しても問題ないか?

会社役員には連帯保証人になる義務がある?

会社の借金(債務・負債など)の連帯保証人になって欲しいと言われた経験があるかもしれません。たとえ勤めている会社であっても、会社の連帯保証人には出来ればなりたくないものです。会社役員になった瞬間に、または役員になる条件として、特に中小企業では、このような問題が浮かび上がることが少なくないようです。

会社の経営者や社長(オーナ)であれば、立場上、仕方ないかもしれません。しかしながら会社役員だからといって会社の債務(借金)に対して、法律上は連帯保証人になる義務はありません。会社が連帯保証人を立てて融資を受ける場合の契約は、金融業者などの債権者(融資する側、貸主)と会社役員(連帯保証人)との間の締結になりますから、会社社長から依頼があったとしても連帯保証契約するか否かについては、法律上はご自身の意思で判断することができます。

金融機関が中小企業などへ融資する際、融資する会社の社長および会社役員に対し、連帯保証人を求める傾向が全くないわけではありません。そのうえ、会社の上層部からの要求も加わることで、法律上の義務はないものの日本の慣習として会社役員が会社債務の連帯保証人になるケースは少なくありません。

会社が倒産したらどうなるか?

当然、連帯保証人として会社が抱えた負債の責任を負うことになります。投資家や投資家が会社役員になるのではなく、一般の給与所得者が出世により会社役員になった場合、資産・財産に限りがあるだけでなく、責任を負うことすら、かなりの痛手になると思います。例えば自宅(住宅ローンを組んでいたとしても)だけでなく、個人的に所有している(保証人の名義になっている財産・資産)はすべて会社の負債の抵当へと回されますし、万一の場合には破産宣告などの債務整理を余儀なくされる場合もあります。

連帯保証人になるので個人名義の財産(資産)を移したい

会社役員になる際、万一のことを考えて自宅などの財産を家族名義(妻など)へ変更することを考えるかもしれません。連帯保証人になった後では、詐害行為として名義変更(名義移転)は取り消されることが多いですが、連帯保証人になる前であれば、連帯保証債務を負っていない段階ですので、会社や金融機関からの信用度は薄くなりますが、名義移転は法律上、有効になると思います。

決断する

あなたが独身者なのか?扶養家族がいるのか?によっても立場や状況は異なりますし、会社の状況、特に経営状況によっても異なることでしょう。

  • 連帯保証人を受け入れるか?拒絶するか?
  • 会社に残るか?会社に見切りをつけるか?

あなたの人生ですから、他人がどうこういうことはできません。あとはあなた自身の決断です。

最新(更新)記事

認印の借用書 - 実印ではなく認印の借用書が無効となるわけではないですが、借用書の効力として、万一に備え、例えば後々のトラブルで裁判になるなどを考慮し、実印の方が望ましいと思われます。なお認印を実印と偽ることは別の問題を生じることもあります。

個人再生のメリットとは - 債務整理の方法のひとつである個人再生とは?借金返済を軽減するために債務整理の手段として個人再生を選ぶメリットとデメリットとは?それとも自己破産を債務整理の手段として選ぶべきなのか?

特定調停は費用が安い? - 債務整理の手段のひとつとして、特定調停は一般的に、費用が安くてメリットが多いと言われていますが、本当でしょうか?債権者が譲歩しない可能性を加味しつつ、調停が成立しないケース、破産に移行する可能性も考慮しておきましょう。

総量規制と借金 - キャッシングやローンが対象となる総量規制について。金融機関から送られてきた年収を証明する書類で限度額を引き下げられ、これ以上借金が出来なくなる可能性がありますが、総量規制の対象外となるケースもあります。

借金の相続を放棄するべきか - 遺産相続で資産・財産を相続し、借金のような負債の相続を放棄する方法はあるのだろうか?それとも資産・財産だけでなく負債も相続しなければならないのか?資産・財産の状況が分からないとき、相続放棄するとしたときの手続きと注意点とは?

高額医療費と借金 - 健康や生命を維持するための医療費の支払いをローンなどの借金をすることなく、対処する方法について。自己負担額を超えた高額医療費や保険適応外の治療費を準備するための保険や貯蓄があれば問題ないのですが、お金が無くとも何とか対処したいものです。

アドオン方式と実質年利(実質年率)に注意しよう - 実質年利(実質年率)とアドオン方式の金利は利息額が全く違います。同じものと誤解すると多額の返済をすることがあるので注意が必要です。現在、実質年利(実質年率)が義務付けられているのでアドオン方式だけの金利表示はないと思います。

ブラックリストから情報を抹消できるか? - ブラックリストとはどういうものなのか?ブラックリストから情報を抹消できるのか?そもそもブラックリストは存在するのだろうか?あなたが借金返済をした過去の情報とはどのように記録され利用されるのか?

公正証書と借金返済 - 融資を受ける際、金融業者が公正証書を作成したがる理由とは?公正証書がある場合とない場合とでは何がどう違うのか?公正証書を知らないうちに作成されていないだろうか?借金をする側にとって、公正証書の存在が脅威となるケースがあります。

クレジットカードは借金だけじゃない - クレジットカードはショッピングやキャッシング、ローンなどお金を借りる目的にしか利用しないのはもったいないです。クレジットカードを持つことの利点、海外であえてキャッシングする理由についても書いています。

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

借金の返済期限や期日がない借金を請求

返済が苦しくなると不動産担保ローンを勧められる理由

プロフィール

サイトのアイコン

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加