元金均等返済と元利均等返済の方式

元金均等返済と元利均等返済とでは、毎月のローンで支払う返済額が異なります。また完済までに掛かった利息合計額も異なります。どちらが得か?双方のメリットとデメリットを理解して、借り入れと返済計画を立てましょう。

元金均等返済と元利均等返済とは

元金均等返済とは元金を返済回数で分割し、毎月一定額を返済する方式です。元金に対する利息は元金残高から計算するのが、元金均等返済方式の特徴であります。

元利均等返済とは元金と利息をあわせた額を毎月一定の金額で返済する方式です。毎月固定額返済のリボ払いの殆どが元利均等返済方式です。

無理のない返済計画を検討する上でも借金の返済方式である元金均等返済と元利均等返済を理解しておくことが必要だと考えています。

元金均等返済のメリットとデメリット

元金均等返済のメリットとしては借金の返済が進むにつれて元金残高が少なくなります。その結果、利息と共に借金の返済額が減っていきます。計算式に基づいた返済シミュレーションをすると分かりますが、元金均等返済は元利均等返済と比較すると、総支払利息が少ないため、総返済額も少なく済みます。

元金均等返済のデメリットとしては借金返済の最初の時期で返済額が多いのが難点であります。元金均等返済による借金返済方法は、主に小口のローンなどに適用されることが多いようです。なお元金均等返済シミュレーションはあくまでも仮想です。借金返済が滞りなく完済できるか否かは、その人自身なのです。

元利均等返済のメリットとデメリット

元利均等返済のメリットとしては毎月の返済額が一定なので、元金均等返済と比較すると返済計画が立てやすいのが特徴です。元利均等返済は、住宅ローンなどの高額返済によく利用されます。

元利均等返済のデメリットとしては借金返済を開始してしばらくの間は返済金額の内、元金よりも利息分が多いことです。なお元利均等返済シミュレーションは通りに進むことが理想ですが、固定金利ではない場合は金利変動と共に、利息が変動しますので注意が必要です。

どちらを選ぶか?

元金均等返済も元利均等返済も、どちらも借金を返済していくことには変わりませんが、借金を返済していく上で、毎月の支払額やボーナス支払などの目安として返済計画を立てることがとても重要です。そのうえ、将来生活していく上で、教育や医療、介護などの他にも思わぬ出費があることを予め考慮しておく必要があります。

目安としましては、共働きや副収入があるなど、家計への収入源が複数あり、月々の返済に余裕があり、返済以外にもある一定の貯蓄が見込めるなら、返済総額が少ない元金均等返済方式のほうが良いかもしれません。それ以外で、計画的に月々固定の返済を希望される場合には元利均等返済のほうが無難でしょう。

どちらにしましても、通常は繰上げ返済することが可能ですので余裕をもった返済計画を立てることをお勧めします。

関連記事

住宅ローン金利で固定と変動、お得はどっち? - 固定金利、変動金利の長所と短所の長所と短所について。住宅ローンの金利は月々の借金返済額だけではありません。住宅ローンや不動産ローン返済の金利について得する方法とは?そして向いているのはどちらでしょうか?

繰上げ返済は損か得か? - 可能ならば、住宅ローンの繰上げ返済をしたほうが良いと一般的には考えられていますが、繰上げ返済をしないほうが得することは、本当に皆無なのでしょうか?繰上げ返済することによるデメリットは、一切ないのでしょうか?

住宅ローンを滞納すると、どうなるか? - もし、住宅ローンを滞納し督促状がきても払えないときはどうなるのでしょうか?支払いが滞り、今住んでいる住居を売却しなければならない状況に追い込まれたとき、どうしたら良いのでしょう?対応策、解決策が全く無いわけではありません。

住宅ローン借り換え - 住宅ローンの借り換えを検討する場合、金利差だけに着目すれば良いのか?金利が安くても借り換えで借金が増えてしまうケースがないのか?月々の返済額、借金返済合計額など注意する点は何か?

公正証書と借金返済 - 融資を受ける際、金融業者が公正証書を作成したがる理由とは?公正証書がある場合とない場合とでは何がどう違うのか?公正証書を知らないうちに作成されていないだろうか?借金をする側にとって、公正証書の存在が脅威となるケースがあります。

アドオン方式と実質年利(実質年率)に注意しよう - 実質年利(実質年率)とアドオン方式の金利は利息額が全く違います。同じものと誤解すると多額の返済をすることがあるので注意が必要です。現在、実質年利(実質年率)が義務付けられているのでアドオン方式だけの金利表示はないと思います。

教育ローンと元金措置 - 教育ローンは通常のローンと違い、月々のローンの返済額を少なくすることができる元金措置というものがありますが、元金措置そのもののメリットやデメリットについて、また元金措置期間の選択基準についても、知っておきましょう。

総量規制と借金 - キャッシングやローンが対象となる総量規制について。金融機関から送られてきた年収を証明する書類で限度額を引き下げられ、これ以上借金が出来なくなる可能性がありますが、総量規制の対象外となるケースもあります。

認印の借用書 - 実印ではなく認印の借用書が無効となるわけではないですが、借用書の効力として、万一に備え、例えば後々のトラブルで裁判になるなどを考慮し、実印の方が望ましいと思われます。なお認印を実印と偽ることは別の問題を生じることもあります。

借用書と印紙 - 印紙税が掛かる費用を記載した借用書には印紙を貼る必要がありますが、印紙を貼り付けしていない借用書は無効なのだろうか?それとも有効なのだろうか?現時点では借用書として有効ではありますが、印紙税法に違反していることには注意が必要。

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

住宅ローンを滞納すると、どうなるか?

プロフィール

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加