家族や身内の借金返済義務

借金をした本人以外は、たとえ夫婦であっても血の繋がった親兄弟であっても関係ないと言われるが、本当に借金を返済する義務がないのだろうか?若しくは借金を返済してもらう方法はないのだろうか?

家族や身内の借金に対する疑問

親、兄弟、夫婦など自分とは直接関係がなかったり見覚えが無かったりする借金に対して、連帯保証人になっていないにも関らず、借金を肩代わりして返済する義務があるのだろうか?若しくは逆に、あなたがお金を貸していた側だとして、お金を借りた本人が行方不明になってしまったり、死亡してしまったりした場合、そのお金を家族や兄弟、配偶者などの身内から返済してもらうことはできないのだろうか?

あまり経験したくないことですが、長い人生を歩んでいく中で、少なからずともこのような局面に遭遇することがあると思います。以下、基本的な範囲を主として説明していきます。

本人以外に借金の返済義務があるのか?

親、兄弟、夫婦の関係にありますと、身内の誰かが借金することで、連帯保証人になっていなくても自分自身に返済義務があるかのように債務者(お金を貸した側)から思われたり、また債務者からそのように扱われたりすることがなくても、自分自身でも責任を負わなければならないような感覚になるだろうと思います。

結論から言いますと、原則として連帯保証人ではない限り、借金は借金をした本人の問題であって、たとえ親兄弟が作った借金であっても、配偶者が作った借金であっても、債権に対して債務(借金を返済する義務)が生じることはありません。ただし遺産相続の場合はもちろんのこと、借金の目的や用途があるケース、借金をした本人が未成年者であったケース、借金をした本人と生活を共にしているケースなど、若干の見解の相違がでる場合が考えられます。

人間とはわがままなもので、債務者(借金をした人)の家族や身内の立場であれば、本人の問題だからといって借金返済に関与したくない反面、債権者(お金を貸した人)であれば、債務者の家族や身内が代わりとして返済してもらえないかと願うものです。このようなトラブルを回避するためにも、借用書作成はもちろんのこと、担保や連帯保証人の存在が重要になってきます。

解決の近道

上記のとおり、債権者、債務者共にさまざまな状況や立場が考えられるため一概には言えませんが、どのケースに該当しているかを検討の上、もし疑問や不安が高いのであれば、法律事務所や弁護士に相談することが解決への近道です。無料相談を受け付けている機関もあります。

最新(更新)記事

元金均等返済と元利均等返済の方式 - 元金均等返済と元利均等返済とでは、毎月のローンで支払う返済額が異なります。また完済までに掛かった利息合計額も異なります。どちらが得か?双方のメリットとデメリットを理解して、借り入れと返済計画を立てましょう。

借金時効と返済問題 - 借金にも時効というものが存在します。あなたが借りたお金だけではなく貸したお金に対しても時効が存在します。借金時効の意味、種類、申請方法や注意点とは?借金時効を成立させないための手段とは?

任意整理とは - キャッシングやローンなどで生じた借金を債務整理するために任意整理を選択するメリットとデメリットとは?そもそも任意整理の意味とは?任意整理する準備と相談方法は?任意整理以外に債務整理する方法はないのか?

自己破産で破産者になるとは - 多重債務から開放されるために債務整理の方法として自己破産を選び破産者になるか?それとも今までどおり借金返済していく道を選ぶのか?自己破産とは借金を整理する手段。自己破産する場合のデメリットを知っておきましょう。

会社役員が連帯保証人へ - 会社役員になったら、会社の借金(債務)の連帯保証人にならないといけないのか?どうしても連帯保証人にならなければならないときの注意点は?万一に備え、資産の名義を自分以外の家族へ変更しても問題ないか?

借金返済の代理人 - お金を貸した人(債務者)本人ではなく、債務者の代理人と称する人から連絡があったとき、どのように対処するか?代理人を信用していいのか?貸したお金が返っていると安心して良いのか?問題なく借金を返済してもらう注意点など。

破産宣告と公務員 - 債務整理で破産するしかないほどの借金を抱えた公務員もいる。もし公務員が破産宣告を受けたら公務員を辞めなければならないのか?それとも公務員を続けながら自己破産することはできるのだろうか?

借金問題は弁護士会へ相談 - 債務整理などで借金返済の問題を解決するために弁護士に相談すると決めたけれど、債務整理の方法や借金問題の解決に向けて身近に信頼できる弁護士がいない場合、弁護士会へ相談する方法もある。

財形住宅融資と住宅ローン - 住宅ローンの金利や借金返済計画を考慮した財形住宅融資の制度とは?財形住宅融資の制度の意味と金利はどうなっているのか?会社を転職、退職したら財形住宅融資が利用できなくなるのか?

生活保護と自己破産 - もし自己破産になったとしたら、何をすべきか?自己破産者は生活保護を受けることが可能なのか?自己破産者になった後、生活を安定させるための収入がないとしても、借金に頼ることなく今後の生活を安定させることが重要です。

分類

債務整理と相談

お金を出費することなく借金をスムーズに返済し、問題を解決する方法や手段が注目されています。たとえ多重債務者であっても、債務整理の相談を無料で実施できるような場所も方法もあります。

借金返済の方法と問題

貯金などを解約したり、生活を切り詰めて節約したりするような返済を中心とした生活が必要なくなるかもしれません。借金が返済計画どおりに進まない方も順調な方も、今の生活や方法に問題点がないか?今一度立ち止まり見直すことが大切です。

ローン、借金の知恵と情報

資金調達やローンなどお金を借りるときに知っておきたい知恵と情報、注意すべきこと、検討すべきこと。住宅、教育、自動車など個人的な借り入れから会社の融資まで、新規または追加で借金することを前提とした話になります。

注目記事

借金の返済期限や期日がない借金を請求

返済が苦しくなると不動産担保ローンを勧められる理由

プロフィール

サイトのアイコン

ひまわり

  • 好きなこと
    料理、食べ歩き、散策、旅行。
  • 好きな言葉
    『この世で生まれたトラブルは
     この世で解決できる』
    辛いときや苦しいとき、私はいつもこの言葉を思い出しています。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加